miumiu バッグ 2013 秋冬 正規通販 miumiu 新作 バッグ 2013

miumiu バッグ 2013 秋冬

突然吃音の発症と成人期におけるチック私の夫は突然極端な吃音問題を開発しました。 これに伴い、彼はその後、彼の足が揺れるようになり、彼のつま先にけいれんし、いくつかの眼/顔面けいれんを開発しました。 我々は最近、(これは彼のアイデアだったが、彼は彼が精神的に大丈夫であると主張)私が最初に見つけたとき、私はそれが心理的なことと考えていたので、分割。 しかし、彼はちょうど彼がこの前、彼と私は今までに、会議への彼の大人の生活の中で2回起きてきたことを共有した。 彼は33歳であり、それは18と20歳を中心に起こった。 両方の時間彼は回復し、症状が完全に去っていきました。 私は7年以上にわたって彼と一緒になって、彼はこの問題を知っていたことがなかった。 問題を識別し、何が起こっていたかを理解しようとする彼と一緒に訪問している間、彼は彼の体 を通過する電気があるように感じていることを説明した。 彼の考えは、彼によれば、彼が言いたいことを知っているが、問題の単語を出していることを十分にクリアされている。 彼は脳が彼の口に単語を接続することができないように、それがあると言う。 しかし、ギターを演奏しようとしている時には、彼は普通に歌を歌うことができる。 彼は言葉が既に知られているからだと言います。 ギターを弾く時の瞬間に、いますが、彼の手には、種類のを何をするか 忘れるを開始します。 例えば、彼はいつも完璧に特定の曲を再生することができましたが、急に右のノートを移動する彼の手を得ることに問題を抱えていた。 まだこれは毎回発生しなかった。 一瞬彼は罰金と、文字通り、彼はそれを台無しになる次の曲を再生することができます。 これは不安障害の神経学的または可能性の兆候である場合、私は疑問に思いました。 私が関連している可能性がそのことを考えることができる唯一の​​他のものは、彼の母親が糖尿病を持っていることです(無くなっている、彼女は主張し、それがどのようなタイプの記述に役立つなら)一度、約4年前、彼は理由もなく外に渡されている。 これは、彼がちょうど歩いて気絶していたためまだ一度邪魔された、再び起こったことはない。 これらの事は全く関係なく、私は、彼らが言及する価値が見えたと思ったことがないかもしれません。 彼は太りすぎではありません。 彼は、一見かなり健全である。(クローアンズHL、幼年複数チックのバールA.の再発後期成人期である。 アーチNeurol 1985; 42:107980)。成人発症チック障害の真の有病率は不明である。 成人のチック障害は珍しくないかもしれませんが、体系的に研究されていない。 大人チック障害の正確な有病率の数字を取得するにはいくつかの困難があります。  チックを持つ多くの人々が自分の症状の実際に気づいていない。  人々はまた、近親者にチックの存在に気づかないかもしれません。  チックでも専門家による検出をエスケープ、時には無意識に、ワックスと衰退傾向にあり、抑制可能(抵抗できないが)である。  チックの頻度と強度が成人患者の検出がさらに困難になり、時間と共に減少する。併用精神障害は、チックの患者に存在してもよい。 血清antibasal核抗体の存在は(ABGA)adultonsetチックのための可能な病因として報告されています。(運動障害2004,19、1197 119)。あなたの夫の症状はチックの典型的なものではなく、 '失神'エピソードの歴史があるように、てんかん発作は除外する必要があります。 したがって、まず、彼は神経科医に相談している。
正規通販 miumiu 新作 バッグ 2013