ソウル 免税店 ミュウミュウ 正規通販 miumiu 新作 バッグ 2013

ソウル 免税店 ミュウミュウ

停滞下水トラブルの住民近くのスラッシュまたは汚水池から爬虫類:毎日のようにしてビラルナガル居住者サディクバシャは彼の家に歓迎されない訪問者を持っています。それは、特にお子様連れのご家族のためのそのような訪問者と一緒に暮らすことが困難である、と彼は言う。 食料品店の労働者は現在、近くに8ヶ月間があったと十分に見てきた。 ヘビや他の爬虫類は、水位の上昇のおかげで、グループ内の住宅に侵入するようにモンスーンの間にそれが悪化している。汚水池氏バシャが話していることはUkkadamの下水処理場近くにあり、Corporationformed灘は旧市街エリアから処理プラントまでに流れる下水を伝えるために砂の堤防を構築し市民の身体をインチ屈した後に形成されています。外灘は、家に近いどちらも二箇所、で水の停滞につながる約15日前に屈し、ウォード86議員A.サディクアリは文句を言います。 苦情に出席するためにアシスタントコミッショナー、南区、P. Ganeshwaranを求めていたPonnusamy、。 ずっと何も彼rues、それ以来起こっていない。 不作為は停滞下水の近くに住んでDoulat NISHA、のような住民の生活が困難になってきた。 臭気、蚊脅威や地下水の汚染が最大の問題であり、25年以上のためにそこに住んでいるNISHAは言う。匂いがたまりませんように当社は運河に汚水を繰り出す時のものが朝に悪化から回してください。 人々は、ただ新鮮な空気のために家を出なければならないでしょう。暗部ナガル常駐FAIZALラーマンはよく穴水が着色されていると悪臭を運ぶように下水が汚染された地下水を持っていることを言います。 入浴や洗浄水を使用することは困難である。堤防と運河は、最初の株式会社は牛のための草を提起Ukkadam、の下水ファームに水を伝えた。 今ではそれがRSに建てられた下水処理場、に水を迂回させる。 ネルー国立リニューアルミッションスキームの下で55億ルピー。氏Ponnusamy、彼はすぐに処理場への水の流れを確保するために、堤防を修復することによって問題を解決するためJNNURMエンジニアを求めているということを述べています。検事エンジニアK.のBoopathyは、株式会社は下水を伝えるためにパイプラインを敷設に従事していたと言う。 株式会社が完了すると、作業下水を敷設パイプラインは、パイプラインを通じて流れ、停滞などの苦情を回避することができる。一方、当社は、堤防を強化していきます。 堤防の中で頻繁に洞窟の理由の一つは、自分の家に到達するためのショートカットとして使用twowheelerライダーである。下水処理場は、一日7000万リットルの汚水を治療する能力を有する。 株式会社地下の排水作業を完了するためにはまだあるような本で、それは近くに20 MLDを扱っている。
正規通販 miumiu 新作 バッグ 2013