ミュウミュウ 財布 エナメルリボン 正規通販 miumiu 新作 バッグ 2013

ミュウミュウ 財布 エナメルリボン

炭素の価格の影響炭素の価格がまだギラード政府によって発表されていないが、示す費用はラッド政権提案CPRSとの関係で国民経済学によって行われた仕事から確認することができる。 下記の計算は、2006年の価格と2001世帯の可処分所得(HDI)に基づいており、したがって、唯一の指標とみなすことができる。25ドルトンの炭素価格では、これは平均的な消費パターンさらに、年間支出の1.6%または805ドルと世帯の費用がかかります。 このユーティリティは、この余分な支出は0.7%または351ドルになります(コストと効果が利益を受け取るか、またはコストを冠したそれらの相対的な繁栄に応じて重み付けされている場所)に調整されている場合。国民経済学でモデル化これらの計算は、20種類の世帯の種類によって消費財やサービスの炭素成分(直接生産に使用される)に基づいています。 それは、より小さい炭素含有量と高炭素発光産業から発生したこの炭素価格が消費者(可能性が高い)と他の商品とサービスへの消費者のドンの代用に渡されることを想定し、したがって、いくつかのために発生する可能性が低価格(さ いくつかの状況で世帯)。このコストは、視点はほとんど調べていない炭素税を課していないのコストと比較することができます。 炭素排出量は0.8Cの世界平均のポストインダストリアル温度上昇をもたらしました。 すべての温室効果ガスの排出が原因で既に温度が2Cに行くように設定されているモーションに設定プロセスに、今やめたとしても、レベルは一般的に、それは越えて行くのは危険であることに合意した。 我々は2Cの上昇に向かって移動するような人生は排出量は現在安定している場合、20歳未満の時に発生するように設定、多くののために変更されます。たとえば、下の降雨と高い蒸発速度SEオーストラリアで、そしてより多くの異常気象などの降雨の変化と、食糧生産が少なく一定になっていきますし、食品のコストは、すでにより顕著になって世界のトレンドが上昇します。はなく、少なくとも問題のは、リスクの社会は明らかに取って喜んでいます。 世界の温度の2.1C上昇の可能性が高いリスクにつながる大気中の温室効果ガスの百万分の450部では、温度が6C(先端の図まで上昇する可能性が2%の確率はまだある 可能な正規分布の釣鐘曲線の)。 5Cの以上の温度上昇が最後iceageと今日の間に発生した温暖化の量に相当し、の影響ははるかに人間の経験の外にある。存在する炭素価格と気候変動関連要因から生じる世帯に将来金銭的コストとの比較では、現在多くの不確実性のために、非常に困難です。 しかし、それは価格上昇と低福祉の傾向は小さくても、温度が上昇して何人かの人々のために困難であろうことは明らかである。 温度が上昇すると悪影響を受ける人々の数は拡大していきます。 比較すると、GSTは、平均的な世帯の年間約4571ドルかかります。しかし、炭素価格が均等にすべての世帯には影響しません。 彼らが直接エネルギーに彼らの収入の割合が高い(家庭やガソリンのエネルギー)を費やすなどの低所得世帯が不釣り合いに悪影響を及ぼす可能性があろう。高所得世帯は、よく彼らの収入と比較した場合、価格の上昇が小さいと同じくらい製品の余分なコストを支払うことを選択できます。doesnの比較はしかしそこに停止。 貧しい人は豊かな人が二上のこの57.8トンの二酸化炭素排出量を持っていながら、年間22.3トンの二酸化炭素排出量を持っています。 真の公平の原則は、人が、カーボンの使用に比例して、追加の措置が高級品の炭素含有量に配置されるべきで払う必要があることを指示するだろう。
正規通販 miumiu 新作 バッグ 2013