miumiu バッグ キャメル 正規通販 miumiu 新作 バッグ 2013

miumiu バッグ キャメル

何が私達の犬は、私たちを教える私は今朝、夜明けに目が覚めたとき、私は私が先に私の日についてフレットし始めたこと、それは奇妙なと思った。今日レイダーの大きい日、ビッグスニップスニップだった、と私はリモートではageI年earlybeforeそうしたことに反対したにもかかわらず、私は正しいことをやっていた考えて前の晩寝て行っていた。 私は、長所と短所を秤量し、私は精神的にも感情的に、物理的に、彼は非常に健康的な生活を提供するであろう、そしてそうすることで、早期去勢ポーズをする可能性のあるリスクを最小化することを知っていたとしてレイダーだけで罰金だろうと決めていた。 それは私がとにかくの自分自身を確信してものです。では、なぜ私はそわそわでしたか? 私は、たとえば私の犬パイパーを行うように、すべての私の犬がありますが、私は本当に彼に愛着同程度のを感じなかったので、レイダーは私にとって特別な小さな犬だったことを知っていた。私は獣医に彼を取る準備ができたように、私は動揺で戸惑っていた。たぶん私はちょうど私のjavaの通常のカップとブルーベリースコーンを必要としていた。 雅は、それだと、私は自分に言い聞かせました。診療所に運転する、レイダーは、何かがアップすることを知っていた。 通常、彼はキュウリのように冷静後部座席に座っているが、彼は熱い石炭の上に座っていたように、今日、彼は周りにバウンスされました。 私の罪悪感は、我々は診療所に着いたとき、彼がトラックから出たくなかったをインチに設定し始めた! 私は最終的に彼を外に出た後、彼はすぐに私たちが向かっていたところ、他の方向に、彼の綱の最後に走った! 私の心は破壊し始めていた。大ラテのことを考え、私は落ち着きを取り戻し、我々は診療所に入って、サインインして、彼に健康診断を与えるために来て獣医を待った。私は犬小屋に彼を配置するまで、すべてがうまくいっていた。私は私の目に湧き涙で獣医のアシスタントになって、言った、 私が行かなければ、今、彼の世話をしてください! 私はハイエナに追われていたように、私は診療所が不足しています。私は駐車場で人々は私が泣いていた見えないであろうので、私は私の携帯電話をチェックしていたふりをし、いくつかの瞬間のために私の車に座っていた。 私はそれが実際には約何であったか実現するまでレイダーの去勢への私の反応は、油断私を捕まえていた。 私は彼が同じくらい私はこの小さな犬は本当に私に世界を意味している自分自身に認めについて怒っていたとして去勢得ることについて動揺していませんでした。 何らかの理由で私は私の人生でこの犬を持っていることに私の心を閉じていたと私は、私は自分自身にそれを認めている他の誰かに彼を引き渡すことを余儀なくされたまではそうではありませんでした。人生は私たちにそれを行います。 それは、私たちは過去から傷と未来への恐怖から、それをシールドしているとき、私たちの心の内側にあるものを見て強制的に事情や状況を使用しています。 レイダーは、彼は、あなたが外に唯一の方法は、心の奥底を見ることであるような状況に置かれるまで、それが何であるかを知らないhavebut私の犬のmeallを教えるために何かを持っていたことを私の人生に入ってきたとき、私は知っていた。このような状況は、私のレッスンの終わりが、始まりではなかった。 ドアが開いて、レイダーによって突き出す穏やかで、私が通って辞任した。 ステップ実行時には、私は私の犬の目を通して自分自身について多くを学ぶことに挑戦します。レイダーは、犬であること、実際に彼は、私の人生で私よりもそれ以上を担っている役割として見当を持っていません。 現時点で彼は手続きの影響を受け、非常に平和的に彼のベッドの上でリクライニングです。 彼の切り口の面積をなめるためにいくつかの試みに加えて、彼はビートを逃していません。 彼は幸せといつものように愛情と私は数日間活用するように言われている思春期のエネルギーに満ちている。
正規通販 miumiu 新作 バッグ 2013