miumiu 財布 革 正規通販 miumiu 新作 バッグ 2013

miumiu 財布 革

誰が道場で教えるべきで、なぜので、誰かが黒帯や初段と彼らが教える修飾されていること多分二段のランクを獲得したことをmisconceptiionがあります。 私は何もさらに真実よりもできなかったことを、今ここで断固として明記するつもりです! 問題の真実は、学生が自分の先生の明示的な許可を得ずにいずれかのメンバーまたは非メンバーには何も教えてはならないということです。 どんな学生がプライベートレッスンまたは受け取るためプライベートlesssonsを教えるためにしたいはず、彼らは先生の許可が必要です。 道場の生徒が早く到着し、いくつかの手法を検討したり、道場の先生はそれらを教えてきた何かを練習し、その後シニアベルトを支援する義務が助けを必要とする場合、明らかにする。 それは、教育とは異なるsenarioです。なぜあなたは尋ねるかもしれません? 最初はこれは少し厳しいように見えるかもしれませんが、それのためにそこに正当な理由。 私は今ここで、それらの概要を説明します。 まず、それは教える資格、誰がではありません誰が決定する先生の裁量です。 これを考慮して、ほとんどの人は、視覚的な学習である。 あなたが誰か手法を示し、あなたはそれが間違っていない場合、彼らはあなたをエミュレートし、それが間違って行います。 一部の学生は、低ランクの人は、彼らが何を参照してエミュレートしている場合、その後、彼らは技術を実行するために間違った方法を学ぶことが、動きの彼らの範囲内の物理的な障害や制限があります。 先生の仕事はvigilentさとテクニックの完璧を求めることで道場での品質を確保することである。 先生は、教育を開始するのに十分なだけでなく技術を学んだ人を決定します。 考慮すべきもう一つは、道場での団結と信頼です。 プライベートレッスンは先生の承認なしに教えられている場合、それは混乱と不和につながることができます。 黒帯は、学生を教えている場合はカタみましょう先生の教えに沿ったものではないと言うか、先生はそれを修正しなければならないだけ間違っている。 学生は、その後、権利であり、学生が子供である場合は特に誰が間違っている誰が疑問のままになります。 それは先生が教えているものよりcontridictory情報を教えたり、提示黒帯を持っているためによく前兆はありません。 成功道場は、誰もが一緒に動作するものであり、質の高い命令や​​情報を提供するのに十分気先生はそこにある。 良い先生は先にハイ/彼女自身の彼の学生の福祉を置き、ドアで彼らの自我を残します。 道場では、知識や個人的な開発効率の深刻な追求のための深刻な場所です。 学生は先生に完全な信頼を持っている必要があり、先生は彼を確保する必要がある/彼女は信頼関係を壊すことはありません。
正規通販 miumiu 新作 バッグ 2013