miumiu 財布 買取 正規通販 miumiu 新作 バッグ 2013

miumiu 財布 買取

双方向戦略賭け別の日、別の外交政策声明。 パシフィックセンチュリー題し外交政策雑誌で米国務長官ヒラリー·クリントン最近OPED作品は、インドが米国の大きな戦略的視野に収まる場所にいくつかの視点を配置するのに役立ちます。キーセンテンスは、私のために、米国はインドの将来についての戦略的な賭けを行っていました。 賭けが大きいインドのグローバル·ロールは、平和と安全保障を強化し、そのインドの科学力は世界をより良い場所を作る、そのインドの民主主義は他の人のように開放性と寛容のようなパスに従うことになるということですと言って、それ以降は感傷的な取得します。しかし、戦略的な賭けのメタファーは良いものです。 いくつかのインド人はそうでないと思いますが、インドはまだグローバルなシーンでtiertwoプレーヤーです。 その巨大な国内問題は、その政治的なクラスはホームフロントで消費されることを意味、知的クラスは孤立主義であり、その戦略的なクラスは、吸収することができ、インドの社会構造を着用し、涙いくら海外の不透明。インドは/ /潜在将来の主要なグローバルプレーヤーかもしれない可能性があります。 もしそうならと、それはリベラルな民主主義のように定義されていることが、良いための力となります。 しかし、それはまた、意思決定や汚い仕事は他の人に委ねられている国際的なシステムにただ乗りすることを好む、孤立残ることがあります。 それはまた、そのアクションで受動的かつ非軍事である欧州連合型シビリアン·パワーになる可能性があります。 また、グローバルな首の帝国主義、原理主義者、苦痛になる可能性があります。表面には、ビル·クリントンが始めた、本当にジョージ·W·ブッシュによってノッチを取り上げ、インドに対する米国の賭け、過去1年間の出来事を考えると、doesnのは、あまりにもよくオフ支払うことに思える。 それはそんなに原子炉または米国の戦闘機を購入することが、インドが勝ったISN。 それはまた、インドの関係、ワシントンに戻って反映されている熱意の衰退へのハイレベルの政治的コミットメントの証拠の欠如である。 すべてのは、マンモハン·シンはアメリカに大きなであることを知っているが、彼はまた、いずれかの関係で任意の時間や労力を投資に消極的であると思われる。しかし、下に、インドと米国の外交官の両方を主張する、に行くもののかなりの量があります。 両国は知性、テロ対策などのようなハードコアなセキュリティの問題に近いので行ったことがない。 インドが買っているか、多くの米国の友好的な構造にあっても戦闘せず、軍事が根本的に今後数十年にわたって変更されることをそんなに米軍の機器を購入を検討している。 ビザは、毎年近く億両方の方法に、東アジアと世界の他の部分に関する地域対話は意外なヒットとなっている、貿易は千億ドルに向かっている。 最後が広い真実であることを反映:ニューデリーはちょうどそれが(インドの心配のための問題は、リモートにあると考えているので、インドと米国は、多かれ少なかれ共有世界的に同じ目的に、彼らは、いくつかのケースでは、唯一の戦術に異なり、 なぜそれが必要、したがって、コートジボワールの政治危機上の位置を持っていないのだろうか?)しかし、米国は、おそらく、それが公共にすることができますよりも真剣にインドの戦略的賭けをとります。 ヒラリークリントンは彼女だけの記事でインドへのいくつかの段落を捧げたが、それはそれ自体がインドについて表明されたか、いくつかの懸念が顕著であった。 インド軍の成長の心配はありません。 いいえ、それは経済的な競争相手であることについて心配はありません。 すべてのうちインドが台頭、それが指摘されているように、多くの国々の間でdoesnの昇給多すぎる恐怖シナリオと米国。インドは米国の戦略的な賭けを取っている? ドンは賭けのそれがはるか​​に思います。 本当の問題は、インドがしたいか、世界の主要なプレーヤーであることを望んでいないかどうかです。 つまり、それが正しい経済を得るという点で行う必要があります選択、国体改革など。 それは、その道を歩むない場合は、その後米国はそれを取って持っていることができる明らかな、事実上唯一の、パートナーである。
正規通販 miumiu 新作 バッグ 2013